お雑煮

f0205149_13553686.jpg
大晦日の日は父の出番
だしをとり 味付けを整えて元旦のお雑煮の準備

ある年、お雑煮の味付けが変わった!
「ん?なんかいつもと違う!」
姉も そして食べていた全員が「これ 誰が作ったの?」

介護認定2から3になろうとしていた父
とうとう作ることが出来なくなり この年、母が作ったお雑煮だった
翌年からお正月は近所の『横浜プリンスホテル』での食事会へと変更
少しでも母の負担を軽減しようと考えた策だった

父が亡くなり1回忌が無事終わった年
『横浜プリンスホテル』は役目を終えたかのように
50年の歴史に幕を閉じた

毎年この時期になると思い出すお雑煮の味
自分で作ってもなぜか父の味にはおよばない
[PR]
by milk2886 | 2010-01-02 19:50 | グルメ | Comments(0)
<< 3が日の締めくくり あけおめ♪ >>